【バウンサー】食事にも遊びにも何でも使える!フィッシャープライスのバウンサーが便利です。

どうも、@jirosokuです。

子供が生まれてはや7ヵ月。

赤ちゃんグッズは色々買いましたが、その中でもフィッシャープライスのチェアーはオススメです。

色と動物の組み合わせはいくつかありますが、女の子なので「ウサギ×ピンク」を選びました。

フィッシャープライスのバウンサーは食事にもお昼寝にも何でも使える

購入したバウンサーはこちら。

ピンクを基調とし、かわいらしいウサギの絵が大きく描かれたファンシーなデザインです。

股間とお腹部分にベルトがあるので、赤ちゃんが落ちてしまうのも防ぐことが出来ます。

フィッシャープライスチェア正面

横から見た図はこちら。

以下では、我が家での赤ちゃんの状況に応じたバウンサーの使い方を紹介します。

フィッシャープライスチェア横

バウンサーを赤ちゃんをあやすために使う

泣いて機嫌が悪いときには、背もたれを起こしてバウンサーとして使います。ゆらゆらとチェアが揺れるので、娘の機嫌が治り、泣き止むことが多いです。

もし、泣き止まない場合は、チェア全体を振動させることができるスイッチがついています。

スイッチを入れると、バウンサーの揺れと振動による揺れが合わさり、泣き止む確率が高くなります。

フィッシャープライスチェアボタン

バウンサーを赤ちゃんの食事のために使う

また、離乳食を食べるときにも、座らせて食べさせることができます。

バウンサーを使わずに抱っこして食べさせると、食べてる途中で泣いて暴れ出すことがあります。

抱っこをしていると両手を使えず、ごはんをこぼしてしまうこともあるので、バウンサーに赤ちゃんを固定して食べさせることができるのはとても便利です。

バウンサーを赤ちゃんのお昼寝のために使う

お昼寝をするときは、背もたれを水平まで下げてベッド代わりにします。

背もたれを水平にするためには、緑のボタンを押しながら、背もたれを後ろに押すだけでOKです。

そして、ピンク色の足の部分を前に出すことで、バウンサーが揺れないように固定できます。

さいごに-バウンサーを使うと赤ちゃんを見ながら家事ができる-

今回紹介したように、バウンサーは、お昼寝のときにも、食事のときにも、赤ちゃんの機嫌が悪いときにも使えます。

料理を作るときなど、赤ちゃんから手を離さざるをえないときに、バウンサーを使いましょう。

赤ちゃんを近くに座らせることができるので、赤ちゃんの様子を見守りながら家事をすることができます。

子育ては、便利アイテムでラクをしちゃいましょう。

スポンサーリンク

フィッシャープライスのバウンサー正面図

この記事をシェアする!