Twitterやペイパルも!はじめての米国株投資のためにマネックス証券で口座を作ってみたよ。

どうもjirosokuです!

日本株には投資してきましたが、米国株には興味がありながらも「どこで買えばいいの?」などわからないことばっかりだったので、調べて買ってみました。

米国会社四季報があったので、買ってみました。ちょっと割高で3000円ぐらいです。

日本の四季報と同じく、PERやEPSなどの指標とチャートや、直近の業績コメントが業種別に載っています。

これがあれば、米国株にどんな銘柄があるか、全体感がつかめます。

米国市場の種類。どんな銘柄がある?

NYSE(ニューヨーク証券取引所)

伝統的な企業や大企業が多いです。

マクドナルド、ウォルマート、アメックス、ウォルトディズニーなど、誰もが知る企業が多い。

NASDAQ

新興企業やITベンチャーが多め。

Googleの持株会社アルファベット、facebook、TwitterなどのSNS。テスラモーターズやペイパルもこの市場です。

新興企業が多いので、株価の成長率が著しい企業が多いです。最近だとIOT、位置情報、VRが狙い目ですかね。 

米国株を買うメリットは、Twitterやアップルなど日本で買えない株を

米国企業は配当性向が高い、一株から買えるなど、色々なメリットがあると思いますが、僕は単純に「日本の株式市場で買えない話題の銘柄が買えること」だと思います。

国内株式だと日本の市場環境の影響をもろに受けますが、米国株ならその影響は限定的です。

単純に投資の鉄則「同じカゴに卵を盛ってはいけない」を避けるための、分散投資の一手段になりえます。

前述の通り、話題の高成長企業もゴロゴロいるので、狙ってみるのもよいと思います。

米国株を買うならやはりマネックス証券。アプリはないがトレーディングツールが使いやすい!

そもそも株を買うためには証券会社に申し込み、証券口座を開く必要があります。

僕がメインで使っている楽天証券では、取り扱い銘柄が少ないのと手数料が高めなので、いずれも有利なマネックス証券の口座を開設。

口座の開設までは、2週間ぐらいです。

口座が開設したら、株を買いましょう。

米ドルを持ってないと米国株式は買えないので、まずはドルを買いましょう。

ここまできてやっと株式を購入!日本株なら国内の証券会社はこぞってアプリをリリースしているので、スマホでもさくさく取引できますが、米国株購入の場合は違います。

アプリなんてものはないのです!(2016年7月現在)

代わりに、Webブラウザで使えるトレーディングツールなのです。アプリに比べるとスマホ環境では不便ですが、マネックス証券のツールは便利です。

さいごに〜預金よりも投資。特にサラリーマンにはオススメ〜

僕は、預金するよりも、株式投資にお金を回す方が長い目で見て良いと思います。

はじめのうちは、指標の見方やコツもつかめず、感覚で売買することで損失を被るかもしれませんが、だんだんと勘所がわかってきます。

こうして身につけた知識でさらにお金を増やせるだけでなく、同時に世の中の動きをつかむ力も身につきます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!