口座開設が簡単!信用できるビットフライヤーでビットコイン積立開始!

どうも、@jirosokuです。

昨年あたりからやたらと話題の「仮想通貨ビットコイン」

ビットコインって何?っていうのは、ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現がわかりやすいです。

しかし、本を読むだけではなく、実際に取引をしてみないと感覚がわからないので、ビットコインの積立投資をはじめました。

【ビットフライヤー】 で口座を開設し、毎月5000円ずつ積立てしていきます。

早速、2500円ほどビットコインを購入してみました。

しばらくの間は、取引手数料が無料なので、ビットコインをはじめるなら絶好のタイミングです。

ビットコインの取引口座をビットフライヤーに決めた理由

ビットコインの取引所は、いくつかありますが、その中でビットフライヤーを選んだ理由は、以下の通りです。

bitflyer

ビットフライヤーは、ビットコイン購入までに何をすればよいかわかりやすい

投資を始めるときの、ハードルの一つに「口座を開設する」ということがあります。

証券口座を開いたことのある人なら「あるある」ですが、開設するまでの手続きって面倒なんですよね。

その点、ビットフライヤーであれば、次は写真画像を送ってください、本人確認書類を出してくださいなど、WEBサイト上でわかりやすく説明してくれます

また、アカウントクラスが以下のように段階的に設定されており、本人確認のステータスごとに可能な取引が分かれています。

銀行口座まで登録し、プレミアムエコノミーまで進めば、ビットコインが買えてしまいます。

ビットフライヤーのアカウントクラス

ビットフライヤーは、口座開設手続きが簡単である

上記のとおり、全ての取引ができる「ビジネスクラス」まで進めるには、銀行認証と本人確認資料の提出が必須です。

一般金融機関で口座を開設すると、これらの書類のコピーを取り、郵送で送らなければいけないので面倒です。

しかし、ビットフライヤーなら、全ての手続きをWEB上で済ませられます

本人確認資料は、免許証やマイナンバーなどの証明書と一緒に本人の顔が写っていればOK。

PCのインカメラですぐにできちゃいます。

書類提出のための手続きが完了するまでに1時間もかかりませんでした。

ビットフライヤーは、信用できそうな企業である

ビットコインはまだまだ世の中に出て日が浅く、運営会社は信用できるの?という疑問もあるかもしれません。

ビットフライヤーに出資している企業を確認すると、リクルートの投資ファンド会社、三菱系、三井住友系の会社など大手企業が出資しています。

bitflyerの出資元企業

また、ビットコインの保管リスクに関する損害保険にも加入しているようです。

数年前のマウントゴックス事件もあるので、信用できそうかどうか?というのは重要です。

さいごに-アプリからの購入も可能なので、株やFXと同じように手軽に取引できる-

ビットフライヤーは、Android、iosの両方のOSで取引用アプリをリリースしています。

株式や外国為替と同じようにスマホで気軽に取引できるので、とても便利です。

ただし、ビットコインは、将来的にどれだけ値上がりするのか、もしくは値下がりするのかわかりません。

もしかしたら、投資した資金がすべて無くなってしまうかも。

リスクも大いにありますが、自分で取引してみて勉強になることもたくさんあります。

投資の原則通り、投資は生活に必要なお金以外の余剰資金で行いましょう。

スポンサーリンク

bitflyerの出資元企業

この記事をシェアする!