【芝桜を見に行こう】秩父の羊山公園は芝桜の名所。帰りのレッドアロー号の切符は事前に買っておこう!

どうも、@jirosokuです。

皆さんゴールデンウィークはの予定は立てましたか?

うまく休みをとれば10連休。せっかくだから旅行に行きたい。

しかし、どこに行こうか迷う・・・

遠出するにしても激混みで宿も高い。

近場ならどうだろうかと探してみても、東京近辺はめぼしいところは少ない。

そんなことを考えていると、ありました。ちょうど良いところ。

池袋駅からレッドアロー号で100分、片道1500円ほどとお手軽。

日帰りで行ける自然豊かな秩父です。

秩父の羊山公園は、芝桜が超キレイ。

5月上旬までは芝桜が満開のシーズンなので、お散歩がてらオススメです。

芝桜で有名な羊山公園は西武秩父駅から約1.2km。

ゆっくり歩いても30分あれば余裕で到着するほどの近さです。

秩父にある羊山公園の芝桜

羊山公園は屋台が豊富でランチに困らない

みなさん観光地に行くと、お昼ごはんて困りませんか?

ガイドブックに載っているお店はたくさんあるものの、どこもかしこも行列で食べるのに1時間待ちということもザラ。

しかし、羊山公園は違います。

芝桜の広場を囲む三方に屋台ゾーンがあるのです。

屋台村の入口では、秩父のゆるキャラ「ポテくまくん」が出迎えてくれます。かわいい!

ポテくまくん

屋台では、秩父名物「いもポテト」や「わらじカツ」などのたくさんの食べ物を食べられます。

屋台で買って、芝桜広場の横のベンチで座って食べるなんてこともできちゃいます。

屋台は行列はなく、すぐに買えるので、芝桜の近くで写真撮影をし、お腹が空いたら、屋台に行けば大丈夫です。

次からは、僕が実際に行った経験から、ゴールデンウィークに秩父に行くときの注意点を2つお伝えします。

秩父から帰るレッドアロー号は売り切れ!事前に切符買っておけばよかった。

芝桜のある羊山公園は、観光シーズンには多くの人が訪れます。

さすが、西武線の各駅に芝桜のポスターが貼っているだけありません。

「観光地に移動するための電車で座れず立ちっぱなし」で、目的地に着いた頃にはぐったりしてしまう。

これは秩父に行くときも起こりがちです。

このため、特急のレッドアロー号は行きだけでなく帰りの分も事前に予約しておくことがとても重要です。

僕は、ゴールデンウィーク前半の4月30日に秩父に行き、15時ぐらいに西武秩父駅に帰ってきました。

芝桜も楽しんだし、さて帰るかと思うも、池袋行きのレッドアロー号はすでに売り切れ。

向こう2時間ぐらいのレッドアロー号も売り切れていました。

レッドアロー号を諦め、鈍行列車で池袋に帰ることに

2時間は待てないよなと思い、仕方なく鈍行で池袋に戻ることを決意しました。

普通列車のホームに向かうと、溢れそうな人の山。。。。。

僕と同じ状況に陥った人が山のようにいようです。

結果、秩父から飯能行きの電車に乗り、約1時間まるで通勤列車のような車内で立ち続けました。
(本当は40分ぐらいで着くはずなのですが、GWの人の多さでダイヤが乱れていたようです。)

さいごに-秩父に行く前に、帰りの西武線の切符を予約しよう-

鈍行で立ち続けた結果、飯能あたりで運良く席が空きました。

池袋までの1時間は座ることができたけど、座れなかったらと思うとゾッとします。

こんなことなら帰りの分のレッドアローも予約しておけばよかった!!

皆さんはしっかり予約してくださいね。

西部鉄道のWebサイトでネット予約もできるようです。

特急券650円なので、安いもんです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です