スマホアプリ「Evermusic」でクラウドから音楽を聴こう!英語のリスニング音声にも使えます。

どうも、@jirosokuです。

音楽や英語のリスニングなどの「音声」を聴くのは、スマホが一番便利です。

しかし、スマホに「音声」を移動するのは結構めんどくさいのです。

iphoneで音声を聴くためには、PCにつないでitunesからわざわざ移動作業をしなければいけません。

そこで、このような移行作業が不要になるアプリ「Evermusic」をオススメします。

Evermusicは、Dropboxなどクラウドストレージの音声を聴けるアプリ

曲の管理画面はこんな感じ。

一般的なスマホのミュージックプレイヤーと同じです。

Evermusicの選曲画面

プレイリストも管理できちゃいます。

ちなみに、広告は有料版にすると非表示にすることができます。

Evermusicプレイリスト

移行作業が不要でクラウドストレージに音声ファイルを置くだけ。

「itunesなどの音楽アプリをPCで起動して、PCに格納している音声を移動する」という作業はもう不要です。

PCの音声をDropboxやGoogleDriveなどのクラウドストレージにドラッグアンドドロップするだけで作業完了です。

あとは、スマホにインストールしたEvermusicから音声を聴くだけ。

ちなみに、利用できるクラウドストレージは上記の他に、マイクロソフトのOneDriveやBoxも使えます。

アカウントは複数登録できるので、複数のサービスの容量分だけ音楽を管理できます。

Evermusicはクラウド連携できる

スマホのメモリ容量を使わずに音楽を聴ける

音声を聴くためのメンドクサイ作業が不要になるだけでなく、もう一つメリットがあります。

音声ファイルは、スマホではなくクラウド環境で管理されるので、スマホの容量を食わないことです。

スマホの内部ストレージは、せいぜい10~20ギガバイトのものが多いので、高音質の音声ファイルを保存していると、あっという間に容量がなくなってしまいます。

スマホには音声ファイルの他にも、カメラで撮った写真やアプリなど、たくさんの容量が必要です。

300円ちょっとのプロ版であれば、クラウドのアカウントを無制限に登録できます。

Evermusicpro

スマホの容量を確保するためにも、クラウド環境に容量の大きな音声ファイルを管理するのはお勧めです。

さいごに-通信容量を気にせずに楽しみたいならWifiか使い放題プラン-

Evermusicの弱点は、音声を聴くためにクラウド環境にアクセスする必要がある点です。

このため、音声ファイルをダウンロードする必要があり、頻繁に通信が発生します。

(オフラインで聴けるように、ファイルをダウンロードする機能もありますが、スマホの容量を考えると多用しないほうがよいと思います。)

スマホで数ギガバイトのプランだと、通信容量オーバーの恐怖に怯えなければいけません。

そこで、通信容量を気にしなくてよいwifi環境やスマホの容量無制限プランがオススメです。

僕は、月額3000円ちょっとで電話番号もそのまま使えるUmobileを使っています。

これで、Evermusicライフを楽しんでいます。

スポンサーリンク

Evermusicで音楽をクラウドから聴ける

この記事をシェアする!