【時短技】パナソニックの食洗機が便利!分岐水栓の購入から設置までのまとめ

どうも、@jirosokuです。

仕事が忙しくて家事にかける時間が無い!

我が家は共働きのため、家に帰ってきてご飯を食べて、娘をお風呂に入れるなどしていると、あっという間に夜22〜23時になってしまいます。

時間を生み出すためには、家事の時間を減らすことが必要。

そう考えたとき、「ご飯を作る」、「娘をお風呂に入れる」は自動化できないものの、ご飯を食べた後の食器洗いは自動化できるよな

そう思い、パナソニックの食洗機を購入しました!

使い始めて10ヵ月ほど。洗い物の時間削減により、毎日の時間(特に平日)に余裕が生まれました。

コスパがとてもよい食洗機なので、購入を考えている方の参考になればと思い、下記にまとめました。

なぜ、食洗機を購入することを決めたか?

我が家の導入の背景は、ズバリ①家族の時間の創出、②僕の勉強時間の創出のためです。

というのも、我が家の嫁が料理を作るのが好きで、1回の食事の支度でけっこうな量の食器や調理器具を使うのです。

このため、1回の食器洗いに30分〜1時間の時間が必要でした。

週に3回料理をするとして、月あたりにすると3回×1時間×4回=12時間!

休日1日以上の価値はあるのではないでしょうか?

これを削減したく、食洗機を購入することにしました。

食洗機導入により我が家の時間を効率化

食洗機を購入し1ヶ月経ったいま、我が家の生活に欠かせないものとなりました。

平日、仕事から帰ってきて、食事をして、その後の約1時間が削減されるというのは、案外大きい。

体力と時間の消耗がなくなり、当初の狙い通り、①家族の会話、時間、②勉強時間を確保できるようになりました。

パナソニックさんに足を向けて寝られません。

ていうか、そもそも食洗機って汚れは落ちるの?

とてもよく落ちます。

むしろ手洗いよりもよく落ちます。

汚れた食器を入れて、洗剤をセットし、ボタンをポチッ。

1時間ほどかけて高水圧で洗ってくれるらしいので落ちる落ちる。

イケてないところは、洗浄音が大きいこと。

洗浄性能などの詳細は、ブログ「ももねいろ」さんでよくまとめられていますので要チェック。

食洗機を使うには、分岐水栓という道具が必要。

これまでの内容で「食洗機いいなー」と思ってきたでしょう。

食洗機を導入するためには、実は食洗機以外に購入するものが必要です。

その名は。。。。。。

分岐水栓(ぶんきすいせん!)

分岐水栓購入から食洗機設置まに必要なステップは下記です。

自宅家の水道に合う分岐水栓を調べる

パナソニックの場合、「分岐水栓ガイド」に水道の写真を送ると、どの分岐水栓を買えばいいか型番を教えてくれます。

写真はスマホで3ショット撮るだけでOKです。 

Amazonで分岐水栓を買う

家電量販店やホームセンターでも売っているようですが、僕はアマゾンで買いました。

少し重いので、ホームセンターで買うと持って帰るのが面倒なので、ネット通販で買うのが良いと思います。

僕が買ったのは、この分岐水栓。

分岐水栓を水道の蛇口に取り付ける

分岐水栓についてる説明書を見れば難しくありません。

工具はドライバーぐらいしか使いませんし、複雑ではないので、家具の組み立てぐらいの気持ちで取りかかって良いと思います。 

全ての工程のなかで、比較的難しいところなので、お金に余裕があれば業者さんに頼んでも良いと思います。

食洗機と分岐水栓にホースを取り付ける

食洗機付属のホースを取り付け、給水できるようにします。

これは簡単。5分でできます。

さいごに-食洗機をオススメしたいのはこんな人-

僕は、浮いた時間で英語やWebの勉強、マラソン練習をしています。

こうしてブログを書く時間もゲットしました。 

  • 平日は会社から帰ってきて、好きなことしたいけど、時間が無いよーという人にはぜひ。
  • 嫁や子どもとの会話など、家族との時間がもっとほしい人にもぜひ。

とにかく時間がほしいという方ですね。

ちなみに時間以外にも嫁の手荒れ防止にもなるというメリットもありました。

スポンサーリンク

食洗機をキッチンに設置

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください