英検合格のために「英検サンプルテスト」受験で本番対策。リーディングとライティングの課題を見つけよう

どうも、@jirosokuです!

今日は、英検のテスト日ですね。僕は、6月のテストで英検準1級にチャレンジしたのですが、あと少しのところで不合格。

英検準1級不合格!もう少しで合格の僕がCSEスコアから合格ラインを分析してみた。

2016.06.24

今回の10月のテストは、他の試験勉強があるので受験は申し込んでません。

そんな折、英検協会から「英検サンプルテスト」の案内が届きました。実施日は2016年12月4日。次回の英検試験日が1月なので、ここで合格できるようにサンプルテストを受験してみようと思います。

英検サンプルテストで本番対策。直近に受験した級と同じレベルにチャレンジできる。

英検サンプルテストの案内を初めて受け取りました。自宅のポストにハガキが入っていたのです。

英検サンプルテスト

 

どうやら、英検協会が英検の一層の充実を目指し調査研究を目的に実施するようです。サンプルテスト対象者は、直近の英検受験者かと思われます。

受験料は不要で、気になるテスト内容は、「リーディング・ライティング」で1時間40分。本番と同じぐらいでしょうか。なお、テストの謝礼として図書カード1000円分をもらえるので、せっかくなら英検の本でも買いましょう笑

また、受験結果として分野別得点、平均点を記載した個人成績表をもらえます。模試代わりに活用し、次の受験への力試しにしてしまいましょう。

リスニングが受験できないのが物足りないですが、受験料無料なのでよしとしましょう。

さいごに〜英検は受験回数を増やすと合格しやすいと思う〜

英検は受験回数を重ねるごとに、本番で力が出しやすくなるテストだと思います。まあ、どんな試験でもそうなんですが、英検の場合はリスニングがあるため、この傾向が顕著だと考えています。

リスニングって本番聞き逃してしまうと、もう一度聞くことはできない。この聞き逃しを防ぐには、リスニングが始まるまでに、下読みをするなどの準備が重要です。

このような下読みなどの準備練習を、受験回数を重ねることで向上させ、リスニング精度を磨くことができます。

 

スポンサーリンク

この記事をシェアする!