体組成計の「インボディ」がファストジムに導入。毎日無料で体脂肪測定ができるぜ!

どうも、@jirosokuです。

毎日朝のストレッチに最寄駅のファストジムに通っています。

地下鉄の駅への階段のすぐそばにファストジムがあるため、行きやすくてすっかり日課になりました。

15分ほどのストレッチですが、ストレッチが終わると体が暖まり、頭の動きや体調含めて、その日のコンディションがよくなるんです。

例えば、ストレッチポール公式ブログでも紹介されています。

そんなファストジムですが、「体組成計のInbody(インボディ)」が導入されました

体組成計のInbody dial

導入されたのは、「Inbody Dial」という業務用と同じ測定ができる家庭用サイズの体組成計です。

インボディを使えば、身長、体重、体脂肪量、体脂肪率、骨格筋量、BMI、内臓脂肪レベルを乗るだけですぐ測定できます。

インボディをもっと知りたいという方はこちらのブログ記事が参考になります。

簡単に言うと、大きいスポーツクラブによくある体脂肪などの「体の成分」を測定できる機械です。

ただ、大きいスポーツクラブだと有料なんですよね。。。

インボディダイアルはアプリ管理もできる

インボディは専用アプリがリリースされておるため、スマホ連携も可能です。

Bluetoothで接続し、スマホアプリから測定スタートボタンを押すと、測定結果がスマホに蓄積されるという仕組みです。

測定結果は以下のように確認できます。

また、測定値をもとに、体脂肪量をどれだけ減らして、筋肉量をどれだけ増やせば標準地になれるかをアドバイスしてくれます。

Inbodyのアプリ画面

毎日測定することで、日々の体の変化をグラフ化できるので、体重管理やダイエットに効果的です、

これで、毎日の食事管理や運動のモチベーションが保てそうです。

Inbodyで日々の測定毛塚をグラフ化できる

使うかどうかは微妙な機能ですが、SNSへの投稿も可能です。

さいごに-インボディは購入すると高い!毎日の測定が重要。-

家庭用の体組成計はたくさん発売されていますが、ちょっと価格が高いんですよね。

このInbody DialもAmazonで購入すると3万円ほど。購入となると戸惑う価格です。

いつでも自分のペースでいけるファストジムのようなジムに設置されるとうれしいです。

ちなみに、ファストジムを継続するための方法をまとめた紹介記事はこちらです。

ジム通いに失敗し続けた僕が、24時間通えるファストジムを続けられる理由

2016.01.02

スポンサーリンク

体組成計のInbody dial

この記事をシェアする!