南草津駅発着の夜行バスに乗るときは、スーパー銭湯「極楽湯」がオススメ。駅徒歩5分でアクセス便利。

どうもjirosokuです!

以前、こちらの記事でも書いたのですが、夜行バス前にお風呂に入ることは、バス内での安眠に役立ちます!

【必見】夜行バスで眠れない悩みを解決!安眠するために必要な準備とグッズ

2016.06.15

とはいえ、夜行バス乗り場近くでお風呂に入れるところってあるの?と思っていると、関西エリアの主要夜行バス乗り場「南草津駅」なら、徒歩5分で銭湯があることを思い出しました。

その名も極楽湯です。

1.極楽湯って?南草津店の特徴。

南草津店は、立命館大学の近くにあるため、大学生のお客さんが多いようです。南草津駅から歩いて5分。

南草津店のHPはこちらです。直営とフランチャイズがあるらしく、南草津はフランチャイズ店。

隣にマクドナルドや24時間の無印良品もあるので、買い物してから、食べてから、お風呂に入るのもよさそうです。

営業時間は午前9時〜午前2時まで。これなら夜行バス対策はバッチリです。

CameraZOOM-20160614000325940 CameraZOOM-20160614000251958

 

 

 

 

 

 

 

 

店舗数日本一のスーパー銭湯なんだとか。最近中国にも出店し始めているようです。へー。

東京近辺だと、高尾山、和光市、稲毛などなどにあり、都市部ではなく、郊外エリアに出店しているようです。  

2.極楽湯の料金とオプション

大人650円とスーパー銭湯にしては安め。

タオルや歯磨き、ひげ剃りなどオプション多数なので、手ぶらで行っても問題ありません。

ちなみに、シャンプーリンス、ボディソープは銭湯内に備え付けのものがあるので、購入しなくてOKです。 

CameraZOOM-20160613234513636

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.休憩スペースが広く、お風呂上がりの食事休憩も可能

なんと休憩スペースが座敷です。

CameraZOOM-20160613234805125 CameraZOOM-20160613234755215

 

 

 

 

 

 

 

 

夜行バスの出発時間近くは、お客さんが少なめなので、寝転がっている人もいました。

また、併設している食堂ではどんぶり等の定食があるので、腹ごしらえはカンタン。

座敷で食べることができるので、夜行バス出発までの時間つぶしや、休憩に最適です。

僕は、自動販売機で牛乳を買い、備え付けの大型テレビを見てボーッとしていました笑

さいごに

今回紹介した極楽湯。僕は学生のときから利用していますが、キレイなお店だしお湯の種類も豊富でお気に入りです。

また、下記の「夜行バスで快眠する方法」もチェックすると、夜行バスライフがいっそう捗ります!

【必見】夜行バスで眠れない悩みを解決!安眠するために必要な準備とグッズ

2016.06.15

スポンサーリンク

この記事をシェアする!