グーグルホームミニを身近なものと比較。コンパクトサイズ味わってみた。

どうも、@jirosokuです。

我が家にもついに来ました!

10月に発売されたスマートスピーカーのGoogleHomeです!

googlehomeminiを購入

購入したのは、14000円のHomeではなく、6000円のminiです。

スピーカー品質に差があるものの、通常のHomeとminiで出来ることは変わりません。

スマートスピーカーをお手軽に体験できるminiにしました。

GoogleHomeミニを開封

googlehomeminiを開封

10月23日発売のGoogleHome miniはビックカメラではなく、Googleで予約。

品薄なのか、発売日には届かず、10月29日になって届きました。

発送元はGoogleシンガポールで国際便だが送料無料。嬉しいですね。

簡素な段ボールに包まれてやってきました。

段ボールを開けると、すぐにお目見え。

開封後、自宅のwifiに繋いでスマホで数クリックすると設定完了。

設定完了し、GoogleHomeが喋りだしました。

GoogleHomeでできることはシンプルだが強烈

googlehomeminiのパッケージ

GoogleHomeでできることは、ただひとつ。

「手を使わず自分の声でGoogleアシスタントを操作できること」

自分のそばにsiriがいつでも待機しているようなもんです。

「なんだそれだけ?」と思うかもしれません。

しかし、「手を使わなくてよい」というのは、体験してみると超便利。

例えば、パッケージには「スマートライトのコントロール」「音楽再生」「アラームの設定」など、声での操作例が記載されています。

パッケージの記載を読むだけでもワクワクします。

これから、対応アプリも増えていくだろうし、さらに便利になるでしょう。

GoogleHomeミニのサイズを比較検証してみた。コンパクトさが際立つ。

googlehomeminiのサイズを検証

GoogleHomeミニはシンプルな外観。

表面はスピーカー、裏面は滑り止めのゴム底、側面に電源スイッチとUSBポート。

給電はUSBポートから行うので、近くにコンセントがなくても

ここからは、色々なものとGoogleHomeミニを比較して、コンパクトさを味わいたいと思います。

まずは、手元にあったロジクールのマウスと比較。

ほぼ同じぐらいの大きさでコンパクト。

マウスを掴む代わりに掴んでも違和感なさそう。

googlehomeminiはマウスと同じぐらい

お次はMACと比較。

GoogleHomeの直径は、キーボードの縦幅と同じぐらい。

横においててもジャマにならないコンパクトさ!

googlehomeminiをMACと比較

お次はボールペンと比較。

ペンの方が少し長い。

GoogleHomeミニのコンパクトさが際立ちます。

googlehomeminiのサイズ

どこに置くか迷いましたが、PCデスクの周辺に置くことにしました。

横に置いているモバイルキーボードが大きく見えます。

「OK.Google」とか「ねえGoogle」と喋りかけるとランプが光り、指示に答えてくれます。

Google Play Musicの再生や、明日の天気、最新の日経ニュースチェックなど、毎日行うちょっとした作業を効率よく行えるようになりました

声をかけるのは、ちょっと恥ずかしさが残りますが、これから慣れていきます。

手を使わずにモノを操作できるGoogleHome。

未来をいち早く味わいたいなら、試してみることオススメです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!