【育児グッズ】生後すぐ使えるベビーベッドは買っておくと育児がとてもラクになる!

どうも、@jirosokuです。

時が経つのは早いもので、昨年生まれた娘はもう9か月になりました。

まだハイハイはできないものの、ずりばいで家の中を冒険しています。

9か月たって、買ってよかったと思うのは、生後すぐに使いだし、いまもとても役立っている「ベビーベッド」です。

育児に役立つベビーベッドの紹介

ベビーグッズで有名なカトージオンラインショップなどでも購入してもよいですが、我が家が楽天市場の職人ベッドを購入しました。

我が家のようにマンション住まいだと、大きなベビーベッドを置くためのスペースは確保しづらいかもしれませんが、スペースを空けてでも、ベビーベッドは購入した方が育児が超絶ラクになります。

ベビーベッドは安いものなら1万円から購入できる

試しにアマゾンで探してみると、カトージのベッドが12,800円でした。

しかも、プライム会員なら送料無料。これは安いです!

このベッドは2歳まで使えるので、12,800円で購入しても月間あたり600円ほど。

このベッドはパイン材ですが、もう少し良い木材を使ったベビーベッドでも2万円半ばで購入できます。

楽天市場ならいくつ安いベッドから高いベッドまで選択肢が豊富です。

親目線で見た「ベビーベッド」のメリット

おもちゃやタオルなど赤ちゃんの必要なモノの収納場所になる

まずは、収納に役立つということ。

ベビーベッドは柵があるので、タオルを掛けたり、おもちゃ箱を置いたりできるので、収納代わりになります。

また、ベッドの下はスペースがあるので、大きめのおむつ袋や粉ミルク缶を置いておくこともできます。

赤ちゃんがぐっすり眠れる

ベビーベッドが内場合、親の寝るベッドで一緒に寝かせていることも多いかと思います。

しかし、寝ている横に赤ちゃんがいると「ベッドから落ちてしまわないか」、「寝返りで踏んでしまわないか」など余計な心配をしなければいけません。

自分も赤ちゃんもぐっすり眠るためには、専用の寝床を用意することが重要です。

おむつ替えのときに腰の負担が減る

ベビーベッドは高いところにベッド面があるのが基本です。

目安はお母さんの腰あたり。

赤ちゃんが自分の腰ぐらいに寝てくれるので、おむつ替えのときに腰をかがめる負担が減ります

おむつ替えは毎日何回もするものなので、腰への負担は蓄積するとけっこうしんどいです。

赤ちゃんの柵代わりになるので少しの間なら目を離せる

当たり前の話ですが、育児をしながらでも、洗濯や掃除機など他の家事をしなければいけません。

ベビーベッドがあれば、赤ちゃんをそこで遊ばせておくことができるので、多少目を離して家事をしていても大丈夫です。

育児をしながら、スキマ時間で他の仕事を片付けるかが重要です。

スキマ時間を有効に使うために、ベビーベッドは活用できるでしょう。

赤ちゃん目線で見たベビーベッドのメリット

ベッドが高い位置にあるので、ホコリやダニから赤ちゃんを守れる

上述のとおり、ベッドは大人の腰ぐらいの高さにあります。

このため普通の大人用ベッドよりも、ホコリやダニなど、赤ちゃんにとって有害なものを遠ざけることができます

ただでさえ、体の抵抗が低く、風邪を引きやすく、一日中せきをしている赤ちゃんも珍しくはありません。

赤ちゃんを守るために、ベッドは有用だと思います。

ベッドにメリーをつけられるので赤ちゃんがごきげん

メリーとは、赤ちゃんをあやすために、赤ちゃんの頭上につけるおもちゃ?のようなものです。

メリーのスイッチを入れるとぶらさがった人形が音楽とともにくるくる回りだすため、泣きじゃくった赤ちゃんの機嫌が直るかも知れません。

メリーは効果のある子とない子がいるので、試してみないと反応はわかりませんが、メリーを固定するためにベッドの柵は必要です。

ベッドとメリーはセットで購入しましょう。

赤ちゃんが一人で眠るための練習になる

赤ちゃんに専用のベッドを与えることで、赤ちゃんは一人で眠る習慣がつきます。

親がいないと寂しくて一人で眠ることができない赤ちゃんもいます。

このため、一人で眠るための練習をすることで、赤ちゃんはぐっすり眠れるし、親も赤ちゃんが眠るまでつきっきりになることが少なくなっていきます。(もちろん個人差はありますが・・・)

さいごに-育児はお金をかけてでも楽した方が良い-

育児は、一生に多くて3人ぐらいでしょう。

そんなに頻度は高くないものの、人生において一大イベントで、育児中の親への負荷はとても高いです。

なので、多少お金がかかったとしても、ベビーベッドをはじめ、育児効率化ができそうなアイテムは揃えておいた方がよいです。

購入して、「あーこれいらなかったなー」ということになれば、メルカリにでも売ればよい時代です。

大物なら、メルカリアッテを使いましょう。

育児の負荷を減らし、空いた時間で子供と遊んであげましょう。

スポンサーリンク

育児を楽にするためにベビーベッドを購入しよう

この記事をシェアする!