東京在住で関西出身の僕が関西の住みやすさを超主観で考えてみた。

どうも!@jirosokuです。

かれこれ8年ぐらい東京在住の僕ですが、関西出身としては、いつか関西に帰りたいなと思うこともしばしばあります。

尼崎市の武庫之荘で生まれ、滋賀県、京都市と関西の都会とほどよい田舎を経験した身としては、東京の住み始めはおもしろかったのですが、最近関西に惹かれ始めています。

関西の魅力ってなんなのでしょうか?ぼんやり考えてみました。

関西に住むメリットって何だろうか?

関西は町中でも山の見える風景があり、何だか落ち着く

いきなり、超主観ですが、ブログなので許してください。大阪、神戸、京都、滋賀、たぶん奈良も和歌山(住んだことないんです)も、都市部でも山が見えるんですよね。

東京23区に住んでいると、山を見ないなーとふと思うときがあります。千葉、埼玉に行けばあるかもしれませんが。

電車を降りて、ホームに立つと目の前に山が広がっている。都市部でもパルコなどの百貨店で買い物しながら外には山が見える。

山に限らず、海や湖などの自然にも恵まれ、けっこうアクセスが良なので、自然との共生という面では、関西に住むメリットがあります。

寺社仏閣や独特な観光地が多く、町にある種の雰囲気が漂う

これも超主観。寺社仏閣を始めとする観光地が多く、町が独特の雰囲気や旅行者がたくさんおり飽きません。そんなん東京も同じじゃないかと言われそうですが、何かが違うのです。ええ主観です。

観光地のそばで働くことができるというのも楽しそう。例えば、京都市内の鴨川の近くや御池通りあたりだと雰囲気よさそうです。求人調べてみたら少なめなのがちょっと残念。

また、京都はもちろんのこと、奈良にも寺社仏閣、和歌山については、白浜や熊野古道、串本あたりなんかは自然溢れる観光地が多いです。

さいごに〜滋賀県などベッドタウンとして成長中の町も多い〜

最近は滋賀県がベッドタウンとして伸びてきているようです。特に南草津や草津のあたり。

これらの「京都よりの滋賀県」はイオンモール等の大型ショッピングモールが増えてきて住みやすそうです。京都へも電車で20分ぐらいですので便利。結局、京都に行きたいのかと言われれば、ええ行きたいですとも。

滋賀県に7年住んだ身としては、草津より北は住みよい田舎。駅前に平和堂をはじめとし、最低限のお店はそろっていますが、町を歩いていても、ひっそりとして刺激がなく10代20代の若者には退屈な町だと思います。

家族を持ったら滋賀県でもいいかもしれません。ただし、車はマストですので運転できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください