【午前1】高度試験の「データベーススペシャリスト」過去問より重要語句を復習

どうも、@jirosokuです。

今は昔、2011年ごろにSEだったときに受験して以来、久々にIPAの「情報処理技術者試験高度試験」に挑戦します。

当時、「情報セキュリティスペシャリスト」に合格し早6年。

今年の4月に狙うのは、デスペこと「データベーススペシャリスト」。年1回のみのチャンスです。

午前1から午後2まで過去問を解いてみて、何となく覚えているものの、復習として、以下に重要語句をまとめます。

データベーススペシャリストの高度試験午前1の過去問より重要語句を復習

キャッシュの書き込み方式

ライトスルー方式

キャッシュと同時にメモリに書き込む方式。読み込みはキャッシュのみから行うため高速化されるが、書き込みは高速化されない。

ライトバック方式

読み込みも書き込みもキャッシュのみに行う。メモリへの書き込みは、キャッシュからデータを追い出す際のみ行われる。

システムの信頼性向上

フェールセーフ

故障が発生したときにあらかじめ設定されている安全な状態にシステムを保つこと

フェールソフト

故障が発生したときにあらかじめ指定されている縮小した範囲のサービスを提供すること

フォールトマスキング

故障が発生したときにその影響が誤りとなって外部に出ないように訂正すること 

フォールトアボイダンス

故障が発生したときに対処するのではなく、品質管理などを通じてシステム構成要素の信頼性を高めること

意思決定を行う上での判断技法(最適意思決定)

混合戦略(ゲーム理論)

その都度異なる戦略を選択すること

純粋戦略(ゲーム理論)

常に一つの戦略を選択すること

マクシマックス戦略

最善の場合の利益が最大になる戦略を選択すること

ミニマックス戦略

マクシマックスとは逆に、最悪の場合の利益が最大になる戦略を選択すること

スポンサーリンク

高度情報処理午前1

この記事をシェアする!