東京から水戸への交通手段を探そう!水戸黄門漫遊マラソンや偕楽園観光に便利。

どうも、@jirosokuです!

明日行われる水戸黄門漫遊マラソンに備えて、東京から水戸までやってきました。

東京に住んでいると、水戸って滅多に来ないので、距離感がわかりませんでした。水戸って意外に遠くて、自宅から水戸駅まで2時間強かかるんです。

水戸へ行く交通手段は色々あったのですが、コストと時間の見合いを考え、JRの常磐線の普通列車にしました。

来年のマラソンの際に迷わないように他の手段をまとめておきます。

水戸へ行く方法1:東京駅から水戸駅までJR上野東京ラインに乗る

本数が多く、料金は2200円ぐらいです。上野東京ラインが開通し、東京駅から水戸まで乗り換えなしで行けるので便利です。所要時間は2時間20分ほど。

注意点は、普通列車なので座れなかったときがイタいです。1000円ぐらい出せばグリーン車に変更してゆったりすることもできます。

グリーン車料金を考えると、特急に乗った方がコストと時間見合いはよいとは思いますが。

水戸へ行く方法2:上野駅から水戸駅まで特急列車に乗る

東京駅から水戸駅までは、特急「ひたち」号が出ています。

特急料金は、約1600円と普通列車の乗車料金と合わせると約3800円ほどになりますが、所要時間は約1時間10分と普通列車の半分程度の時間で到着します。

お金で時間を買い、水戸観光を楽しみたい人には特急がよいと思います。

水戸へ行く方法3:東京駅八重洲口から水戸駅まで高速バスに乗る

車酔いする場合は、オススメできないですが東京駅八重洲口から「高速バスみと号」が出ています。

乗り換えの必要がないので、乗車の間はずっと寝ていたい人にはよいのではないでしょうか。

料金は約2100円、所要時間は2時間10分です。

さいごに〜グループで行くなら高速道路も便利〜

一人で行く場合は、電車かバスがオススメですが、友人や家族など複数人のグループの場合は、車も選択肢に入ります。

東京駅近くから水戸までの高速料金は、片道約5000円なので、往復の場合は2人以上いると電車やバスと同程度か安くなります。

水戸は、偕楽園などの公園や水戸黄門ゆかりの地など、自然と歴史のある観光しがいのある地です。往復5000円あれば行けるので、ふらっと日帰りでも行ってみるのもよいですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!