山口県下関の「唐戸市場」では寿司を1貫から食べられる。珍しいネタも豊富です。

どうも、@jirosokuです。

山口県の下関にはじめてきました!九州の小倉からJRで2駅15分ほどの近さです。

小倉から近い下関駅

下関は海に面しており、ふぐをはじめとした海の幸がおいしい街です。

そんな海の幸を味わうべく、下関駅から車で10分ほどの「唐戸市場」で寿司を食べてきました!

下関の唐戸市場の寿司

唐戸市場は寿司を1貫から買い食いできる下関の台所

唐戸市場へのアクセス

唐戸市場は、関門海峡に面した海沿いにあります。

JR下関からのアクセスが楽ですが、対岸に門司港レトロで有名な門司港桟橋があるので、フェリーでも行くことも出来ます。

フェリーだと門司港から5分ぐらいなので、電車で小倉を経由するよりもアクセスは良いです。

ちなみに、市場の横には下関のお土産を購入できるカモンワーフもあるので、食事のあとにショッピングもできます。

唐戸市場でうまい寿司を食べよう!

唐戸市場ではたくさんのお店で寿司や刺身などの海鮮を食べられます。

ただし、金曜、土日祝日のみの営業なのでご注意を!

とくに寿司は、1貫ずつ買うことができるので、自分のお腹いっぱい好きなネタを選り好みして存分に楽しめます。

1貫あたり100円からが目安ですが、フグやトロなどの高級魚は3倍ぐらいの値段のものもありました。

唐戸市場では寿司を1巻ずつ

僕は、この後にも食事に行く予定があったので、マグロの頭をはじめとした4貫だけ悩み抜いて購入。

唐戸市場でマグロを食べる

お店の前は混雑して食べられないので、2階のテーブルに移動しました。

2階から市場を見下ろすと賑わっているのがわかります。

休日はかなり混むのでお気を付けて。

唐戸市場の混雑具合

さいごに-唐戸市場の面する歴史溢れる関門海峡に思いを馳せる-

唐戸市場のすぐ隣にある関門大橋は、かの有名な宮本武蔵と佐々木小次郎が対決した「巌流島」のある海峡。

さらに昔の平安時代には、平家滅亡の戦いである「壇ノ浦の戦い」が繰り広げられた地でもあります。

こんな歴史ロマンを感じながらうまい寿司が食べられる「唐戸市場」

下関観光の際にはぜひ立ち寄りたいスポットです。

唐戸市場 〒750-0005 山口県下関市唐戸町5−50

スポンサーリンク

この記事をシェアする!