2017年もブレイク!サンシャイン池崎のライブがハイテンションすぎておもしろかった

どうも、@jirosokuです。

今日は、昨年ぐらいからテレビに出演しだしている「サンシャイン池崎」さんのライブに行ってきました。

勉強や仕事ばかりでも疲れてしまうので、気晴らしに行ってきました。

その名も、「サンシャイン池崎presents 超絶怒濤マキシマムハイテンションフェスティバル2016爆春」@よしもと無限大ホール

こちらは、バイク川崎バイクさんのTwitterより引用。真ん中の超絶反っている人が池崎です。

コメントの通り、ハイテンションさが伝わると思います笑

ライブタイトル通りのハイテンションと騒がしさの全てを詰め込んだ愉快なライブでした。

普段の仕事のことなど悩んでいることが、バカらしくなってしまうぐらいです。

「爆春」、「2016」とあるようにこれからも続編があるのでしょうか。期待。

チケットは1500円で激安ですので、気軽に行けます。

そもそも「サンシャイン池崎」て誰?て方は、下記をご覧ください。

サンシャイン池崎とその芸風

Wikipediaより 白地に赤などのラインが脇に入り、前面に「Sunshine 池崎」とプリントされたノースリーブのシャツに、青の短パン、鉢巻と言った格好が主なステージ衣装[5]。 「イエ~!」「OK~!」「ジャ~スティス!」などの絶叫を所々に入れ、テンション高めに様々な体を張ったギャグを連発する[1]。、 「バーニングコント」と称して、「空前絶後のピン芸人~」で始まる「回りくどい自己紹介」ネタや、ステージの袖へ横になって飛んでいくなどのアクションを行なう[8]。 リストバンドを外して落とし「2トン!」(これほどの重さがあるという振り)というパフォーマンスなどもしている[7]。 2013年頃までは、本人曰く「センスのある奴と思われたいという邪心がどこからか有った」ということで、中途半端な感じだったとのことだったが、2013年頃吹っ切れて、今の芸風に至ったという。ネタ作りは芸風から一転して、一人で悩んだり作家と相談したりというような地味な様子だという[5]。

こちらの動画を見れば大体の芸風がわかると思います。大体というかこれが全てですかね笑

ライブレポ:池崎-1グランプリ

2016年もっと活躍するだろう芸人さんです。東京にお住まいの方は一度劇場にライブを見に行ってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

サンシャイン池崎の舞台

この記事をシェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください