名刺管理アプリ「Wantedly people」は管理がラクだし、SNS上のつながりも!

どうも、@jirosokuです。

会社での仕事でも、社外でのプロジェクトなどでもたくさんもらう「名刺」

紙の名刺をもらっても溜まっていく一方。

捨てるに捨てられず、名刺カードホルダーにファイリングするものの、滅多に開くことはないんですよね。

管理するのも面倒。管理できたとしても、そうそう使うことの資産と化す名刺を、しっかり使い倒す。

色々試してみた結果、スマホアプリの「Wantedly People」を使うことにしました。

WantedlyPeopleは使いやすい名刺管理アプリ

名刺管理アプリのwantedlypopleの管理画面

「Wantedly People」(ウォンテッドリーピープル)は、ビジネスSNS「Wantedly」と連携できる名刺管理アプリです。

Wantedly Peopleは、名刺に書かれている情報を同時に10枚読み込むことができ、仕事交流サイト「Wantedly」のプロフィール機能との連携も可能となっています。

もちろん、アプリはAndroid/ios両方対応。しかもPC対応もしているので、大画面で名刺整理や名刺画像の確認をできるのです。

WantedlyPeopleの便利な使い方

名刺画像も、名前やメールアドレスもすべてテキスト情報として管理できるので、検索性が高く超便利。

データ取り込みは、スマホのカメラで撮るだけです。しかも一度に数枚のスキャンが可能。

クリアポケットにファイリングする手間もいりません。

これだけだと、他の名刺管理アプリでも大差ないでしょう。

WantedlyPeopleが最も力を発揮するのは転職活動での名刺交換です。

転職活動で志望会社をよく知るための名刺交換

wantedlypeopleはwantedly連携できる

SNSの「Wantedly」は、ほとんどのベンチャー企業が登録しています。

例えば、有名な企業だと「メルカリ」「BASE」などの飛ぶ鳥を落とす勢いの企業が上場準備のために、もしくは創業したての企業が事業拡大のために、採用をしようと登録しています。

もちろんSNSなので、企業単位だけでなく、社員個人でも登録している人は多いのです。

Wantedlyで転職活動をすると、採用面談とは別に、カジュアル面談を受けられる機会が多いので、交換した名刺をWantedly peopleに登録すると、SNSでも社員とつながることができます。

つながることで、面談では知れない情報や、組織の雰囲気、人となりを感じ取ることができます。

転職において、給料や仕事内容などの待遇面はもちろんですが、志望企業の風土や一緒に働く人の情報は超重要

自分の性格志向と組織や人との相性が悪ければ、転職はうまくいかないと思います。

ジョブデスクリプションには記載されにくい、リアルな働く環境の情報を入手できるメリットがあるのです。

さいごに

名刺管理しやすいWantedlypeopleを紹介しました。

本当は、紙の名刺を効率的に管理するのではなく、「紙の名刺がデジタル化」すれば、ラクなんでしょうが。

例えば、スマホで送受信してSNSに紐付けられるとかが。

スポンサーリンク

この記事をシェアする!