Youtubeで個人撮影動画を保存すれば、家族や友人へのシェアも手軽です!

どうも、@jirosokuです!

皆さんはビデオカメラやスマホで個人撮影した動画ってどうしていますか?

僕は写真と合わせてGoogleフォトに保存していました。Googleの指定する解像度まで下げられますが、ビデオも写真もアップロード容量無制限のため使いやすいんです。

ただ、動画を保存した場合だと、もう一回見返したいとか、一緒に旅行に行った友達にシェアしたいとかあるじゃないですか?

じゃあ、どうしたらいいか?て考えたら、、、

「Youtube使えばいいんじゃない?動画アップロードできるんよね?」と思い、

「コレ最強やな。」という結論に行き着きました。

ユーチュバーではないのに動画をアップロードすることになるとは・・・

Youtubeで動画を保存するメリット

Youtubeならアップロード容量無制限

この点はGoogleフォトと同じです。

両方のサービスとも指定解像度まで調整されてしまいますが、かなりの高解像度なので見る分に影響ないでしょう。

いやはやこれで容量無制限とはGoogleさん太っ腹。って感じです。

Youtubeなら友達、家族にシェアしやすい

このメリットはYoutube特有ではないでしょうか。

Youtubeなら、アップロードした動画にURLが付与されるため、このURLを友達や家族に送ればいいのです。

共有した相手は自分のPC、スマホで見られます。

コメント機能を使えばコミュニケーションもでき楽しくなるかもです。

気になるセキュリティですが、動画の公開範囲は動画ごとに設定(公開、非公開、限定公開)できるので、見ず知らずの誰かに動画を見られることはありません。

ChromeCastやFireTVを使えばテレビの大画面で見られる

コレは嬉しいです。一押しのメリットです。

クロムキャストやファイアTVスティックを使うと、Youtubeの再生画面を自宅のテレビに映し出すことができます。

通常、GoogleフォトだとPCやスマホで再生するしかないですが、テレビだと家族と友達と皆で見られます。

個人撮影する動画って、子供の成長動画や旅行の思い出など、皆で見た方が楽しいものが多いですよね。

Youtubeで動画をアップロードする方法

Youtubeのホーム画面に行き、画面右上の「アップロード」をクリックするだけです。

あとは、カメラで撮影した動画ファイルをドラッグ&ドロップしましょう。Googleフォトに保存した動画をインポートできるので、保存場所の移行も手軽です。

Youtubeアップロード方法

動画の管理は、「クリエイターツール」という画面で行います。

この画面で、アップロードした画像の一覧を見ることができます。公開範囲の設定もここから行います。

 

Youtubeクリエイターツール

次に、個々の動画設定の紹介です。

クリエイターツールで、一番上にある「皇居サイクリング」という動画を選びました。

設定画面中にURLの表示(赤い囲み)があるので、これをシェアしたい相手に教えてあげましょう。

 

Youtubeアップロード動画をシェア

さいごに-Youtubeは、こどもの成長記録にも使えそう-

我が家は子供が生まれるので、たくさん動画を撮る予定です。

Youtubeなら実家の両親にシェアしやすいので、重宝しそうです♪

スポンサーリンク

Youtubeで個人撮影動画を保存

この記事をシェアする!